大サバ釣れず

7月20日(日) 快晴
 水温24℃
AM4:30〜PM7:40
家族4人での釣行

 ホームページでは、「大サバが釣れている」との情報。
「きっと釣り場は、いっぱいだろう」と思いながら奈良を出た。
釣り場に着いて、周りをみると、思ったより釣り人が少なかった。

 準備をしているうちに、夜が明けてきた。サビキを遠投してアタリを待つ。
浮きがポコポコと小さなアタリ・・・。
しかし、明らかにサバのアタリではない。
とにかく、リールを巻いてみると、豆アジだった。

 時間が経つにつれ、釣り場の隙間が釣り人で埋まっていった。
段々、気温も上昇してくる。
暑さとたたかいながら、サバのアタリを期待してサビキを遠投し続ける。

 午前10時40分。遠投したサビキをあおっていると、浮きがスーっと沈んだ。
「やっと大サバが来たかな?」
岸際までリールを巻いてきた。水面近くで魚が見えると・・・。
「大サバじゃなくて、スズキだ!」
バラしたくないので、長男にタモを入れてもらった。
サイズを測ってみると、63cm。

 熱中症にならないように、サンシェルターの中で水分補給をしたり、かき氷を食べたり、休憩所に行って涼んできたりした。

 サグリでは、ガシラが釣れた。
 サヨリも廻ってきていて、4号サビキで釣れた。

 「夕方には、サバが廻ってくるかも?」と、タナを少し深くして遠投してみた。
すると、浮きが沈んだ・・・。
「今度こそ」と思いながらリールを巻いてみると、引きが軽い。
20cmオーバーのアジだった。

 午後7時半頃まで粘ったが、サバの気配を一度も感じないまま日没となった。
結局、諦めて納竿とした。
釣果

スズキ(63cm)
1匹

サンマ(30cm)
1匹

サヨリ(24-29cm)
18匹

チャリコ(16-20cm)
3匹

ウミタナゴ(13cm)
1匹

カサゴ(18cm)
2匹

メバル(13-14cm)
2匹

カタクチイワシ
(11-12cm)7匹

中アジ(21-22cm)
6匹

豆アジ(10-14cm)
58匹